自費出版は意外と容易かもしれません

一生の思い出となる自費出版を行うためにはどのような準備が必要でしょうか。初心者であっても特に難しく考えることはありません。まずは自分の作品に想定される読者を考えましょう。友人や知人、家族や親戚などいわゆる身内、身内以外の不特定多数、身内及び不特定多数の3つパターンが考えられます。読者を想定することによって部数や出版形態、流通形態などを検討しましょう。出版形態とは通常の書籍や電子ブック、流通形態は一般的な書店への流通やインターネットでの流通などがあります。書店に流通させる為には流通コストが必要です。自社の宣伝を目的をしているときには大手出版社の名前を必要とすることもあります。宣伝費用が必要となることもあります。インターネットで流通させる場合には適している電子ブックやウェブサイトでの販売などが可能です。

部数や出版形態や流通形態によって、想定やレイアウト、予算などが変動します。自費出版は出版社によってかかる費用が異なる点も特徴的です。一般的には制作に関わる人の数と費用は比例する傾向にあります。初めて自費出版を行う場合には、編集者とともに原稿の校正や校閲、レイアウトや装丁などを行うことが望ましいでしょう。既に自費出版の経験がある場合には、出版する為の条件を整えることが可能であれば、条件を整えた後で直接印刷所へ完成された原稿を持ち込むことが可能です。自費出版は出版社との打ち合わせがポイントです。打ち合わせによって作品(原稿)の状況や状態のヒアリングを行い、出版目的に適している方向性を決めることが大切なのです。原稿の内容やページ数、本の大きさやカバー類、装丁やレイアウト、発行部数などの条件が出そろった段階で制作費用の見積もりが可能です。見積もりが出ることによって予算に合わせた調整ができます。費用面や制作内容について納得がいった上で契約を成立させます。一般的には契約成立時に費用を半額振り込むことが多いです。詳細なスケジュールは契約前にチェックしておきましょう。コピーを取っておき原稿を編集者へ預けます。

原稿の内容を整理するためのアドバイスを得られることがあります。整理された原稿はデザイナーによってレイアウト及び校正刷りが行われます。校正刷りは著者による校正が必要です。装丁のデザインが並行して進められることが一般的です。著者の校正後に、再度著者と編集者や校閲社が最終確認を行います。校了が終了すれば印刷所に入稿することによって印刷及び製本されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Scroll to top