自費出版のジャンルについて

自費出版は自分でお金を出して、書物を作ってもらうこと、もしくはそういったサービスを提供している会社のことをいいます。発行してもらう場合は自費出版を生業としている会社に依頼するかたちになります。自分のお金を出している分、利益が自分に直結します。売れればその分、稼ぎになります。自費出版のジャンルは基本的には指定されておらず、ブログ、漫画、小説、詩集、写真など、利用者次第となっています。利用方法もお金を稼ぐため以外に、趣味で利用している人も多いです。書物というのは自分がしてきたことを形にする役割もあるので、そういう意味では記念的な意味で利用している人もいます。利益を狙って、自費出版のサービスを利用する場合は、ある程度の宣伝活動が必要です。現在ではパソコンやインターネットが普及しているので、そういったもので宣伝をして、知名度を上げてから書物を売るといった人もいます。


中には順序が逆で、ホームページやブログを運営している内に、有名なサイトとなり、その後自費出版で書物を販売するといったケースもあります。漫画、アニメ、小説などの同人誌の中には、一般的な会社員以上に稼いでいる人もいます。その場合は、同人誌即売会を利用するお客をターゲットにして売るのが主流となります。また、そういった同人誌を扱うお店もあるので、そういったところに置いてもらうといったことも可能です。ただしその際には費用がかかるので、利益を得るにはかなりの知名度が必要であるといえます。漫画、アニメ、小説の中にもそれぞれジャンルがあるので、どの世代か、特定の人の好みに合わせたものの方が売れやすい傾向にあります。流行りのものであれば、リターンも比較的大きいといえます。ただし競争率も高いのでその辺は注意が必要です。自費出版をサービスとしている会社にも得意ジャンルがある場合があり、紙質などを考慮すると漫画向けであるもの、写真向けなものなどがあります。得意ジャンルに関しては事前に把握できるので、利用者に合ったところを探すといいでしょう。また利用法、料金プランにも違いがあるので、把握した上で検討しましょう。


特に初めて利用する場合は、慎重に依頼した方が良いです。試しに利用する、ぐらいの気持ちで利用しましょう。サービスが良ければ、今後も利用すれば良いのです。あと依頼してから、実際に発行されるまでの期間にも違いあります。急ぎの場合は短期間で発行してくれるところを探し、依頼するといいでしょう。

Copyright © 自費出版トリビア集. All Rights Reserved. Powered by WordPress. Ali Han Neon Theme by Ali Han.