初めての自費出版について

マンガや小説をはじめとする、クリエイティブで様々な執筆活動を趣味としている方も沢山いるのでは、と思います。そこでよく聞くのが「自費出版」という言葉になります。しかしひとくちに自費出版と言っても、様々な形態があり、また出版会社によっては得意不得意があることがご存知でしょうか。たとえば、納期の早さに重点を置いている会社、カラー印刷の美しさに重点を置いている会社、とにかく安さに重点を置いている会社など、その特徴は様々です。その為、もし自費出版を考えているのでしたら、自分がどのような本を出版したいのかをまずは考えなくてはなりません。「書店流通をさせるのか」「予算」「絵本、小説、自伝、実用書など出版物のジャンル」「冊数」を最低でもはっきりさせる必要があります。ここで、初めての自費出版のひとつのプランを挙げていきたいと思います。

まずは、10冊から100冊程度の少部数出版があります。この場合ですと予算も1万円程度から10万円ほどになり、手頃な価格と言えます。この辺りを中心にして、あとはデザインか価格を重視して出版会社を選んでいくと良いでしょう。これらの会社では、ホームページによって詳細な説明が掲載されていたり、資料やパンフレットを取り寄せることが出来ますので、まずはじっくりと比較検討してみましょう。自費出版の中には、書店流通付きのサービスを展開している出版社もあります。こちらは上記に比べて費用が割高となっており、冊数も数百部単位からとなっています。「書店に並ぶ自分の本を見てみたい」とう夢をお持ちの方にはぴったりです。また、出版というとどうしても紙を思い浮かべてしまいますが、最近では電子自費出版も出来るということはご存知でしょうか。紙に比べて電子書籍の場合は、費用を圧倒的に低く抑えることが出来ます。例えば、ある程度何度か電子書籍の出版経験がある人でしたら、校正済みの原稿を出稿するだけのプランを利用すれば数万円程度。まったく初めて出版する場合は、編集から校正、読み通しチェックまでの出版の為の支援が含まれたサービスでも20万円弱ほどの価格となっています、そして電子書籍の場合はブログ感覚での作成が可能になっているので、何と言ってもその手軽さは最大のメリットになると言えます。

そして最近では、PDF形式で電子書籍を販売しているサイトも増えてきており、それらを利用して作品を発表しているアマチュア漫画家や小説家もいます。

Copyright © 自費出版トリビア集. All Rights Reserved. Powered by WordPress. Ali Han Neon Theme by Ali Han.